無料ブログはココログ

« 曲げわっぱのお弁当箱 | トップページ | 小池昌代 »

2015年6月30日 (火)

あん

久し振りに映画のお話です。

「あん」観ました。

河瀬直美監督です。

パンフレット買いました。

Photo_2


原作はドリアン助川さんです。

そうです、覚えていらっしゃいますか?

以前、このブログでもご紹介したあの、ドリアン助川さんです。

良かったです。

桜、月、木々などの自然と光の映像が美しい。

主人公はハンセン病の患者です。

戦後、米国で特効薬が開発され

世界中でハンセン病の隔離が解かれた後も

なぜ、日本だけが「らい予防法」を見直すこともせず

完治した患者を何十年も隔離し続けたのか。

日本という国の得体の知れなさを感じずにはいられない。

ということを思った映画でした。

この「あん」はカンヌ映画祭でも好評だったようで

世界中で上映が決まっているようです。

これで、ドリアンさんもより活動の場が広がることでしょう。

ここからはドリアン助川さんのお話。

ドリアンさんのサイン持ってます。

1


そうです。今年、ドリアンさんが出したCDを購入した時、

一緒に入ってました。

封筒の宛名も、もしかしたらドリアンさんの手書きかと思うと

封筒を捨てるわけにいかず、

今は、サインと一緒に額にいれてます。

ドリアンさんはブログしてます。

Cd1


「クロコダイルの恋」はヴォイス・シアターというだけあって

歌とギターと朗読のダイナミックなコラボレーション?

Cd2

「俺はワーニ、俺はワーニ、俺はクロコダイル♪」で

始まる、摩訶不思議な世界です。

サインの裏側には、というかこちらが表なのか

2

メッセージ付です。

ただ、ちょっと気になったのは

老子を研究しているドリアンさんから

「勝者」という言葉が出てくるのは??って感じです。

勝ち負けに関係ないところにいるのが老子と思っていたので。

それはさておき、

とある企業さんの研修を企画した時

記念講演でドリアンさんを呼びたいと思ったのですが

あの時、無理してでも頼めばよかったと思っています。

きっと今は、引く手あまたの売れっ子作家?

売れっ子道化師?となっているはずだから。

ちょっと遠くにいっちゃった感じ?

その代わりと言ってはなんですが

「あん」のパンフレットで小池昌代という詩人の名前を知りました。

早速、小池昌代さんの本を購入しました。

新たな出会いがあった、「あん」でした。

・・

・・

« 曲げわっぱのお弁当箱 | トップページ | 小池昌代 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1443049/60570628

この記事へのトラックバック一覧です: あん:

« 曲げわっぱのお弁当箱 | トップページ | 小池昌代 »